×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

事務職でも借りれるパーソナル融資

個人ローンにも色々な特徴がありますが、事務職でも借入ができるパーソナル融資というような条件。
現金が欲しいと思う現状はいろいろあると思いますが、祭日でも申し込み可能など、借入の時期にある程度の条件がある場合などは、個人向けカードローンのオフィシャルサイトをきちんと確認し、個人向け信用ローンのの最大限度額や借入金の使用用途をあらかじめ確認することが必要です。低利子無担保ローンを比較し希望を満たす無担保ローンを見つけることをお奨めします。

職種と審査判断について個人ローンの考察

検索をするとでてくる消費者ローンのウェブサイトのQ&Aなどの中で、「パート、アルバイト、契約社員でもOK」や「水商売系の商売でも借入可」という文章が記載されていることがありますが、必ずしもカードローン会社は「勤めていれば平気」ということではないということを知っておいたほうが良いでしょう。
貸金業者が融資をするハードルが低い職業をまとめると、おおよよそ医師・弁護士・公務員・正社員・自営業・派遣社員・バイト・パート・主婦・学生・・・ということになります。
しかしながら、平成22年6月に施行された「総量規制」制度によって限度利用額の規制により働いていない主婦の方が借入することはかなり難しいはずです。
自営業や自由業の方は年収の安定性が会社員の方に比べ余りありませんので、敬遠されるアーティスト、日雇い作業員、タクシー運転手などの職業の方同様、会社員のようには信用されづらいといえます。
いずれの業種も転職率が高い、所得が不安定、連絡がとり難いなどの点が、良い信頼がされない共通部分です。
消費者金融やクレジット会社などの金融機関は、支払いをせずに逃亡されたときに追跡調査が困難な・不可能となる業種を敬遠しているので、業種というのは、「融資の可否」、あるいは、融資額に大きく影響をする情報のひとつといえます。

適用利率は借入金額ではなく限度額の上限により変わる

利用限度枠の上限を50万円としてキャッシングを実行した場合、利息制限法の利率の上限は100万円以下の場合18%が適用されます。

上記の場合、限度額100万円以上の融資枠をこの場合、限度額100万円以上の借入枠を認めてもらえれば50万円の利用でも適用される利息は15%になります。
現金を借りる際の利子は実際に借入をする金額ではなく、契約時に決定した借入上限額で確定します。
はじめての申込時に希望する利用枠の審査が通らなくても、返済実績を積み重ねることで融資返済の実績を積んでいくことで利用枠の増額や利息の引き下げ交渉が可能になります。

利息をできるだけ節約して融資を受けるには、自分がいくら必要かということだけでなく限度額の上限で申し込みをすることです。

カードローンでは「借入件数」を重視!借入している金額ではありません

ローンの審査では「他社借入件数」を重視する現実があります。つまり、いま現状で何社からの借入があるのかということです。
クレジットカードの申込では「借入総額」に注目をするのとは少し与信の見方が異なるんです。
個人ローンの場合は、初回で設定される1件あたりの最高限度枠は50万円という現実が多いので、借り入れ件数を知ればキャッシング会社は借り入れの合計額を判断することが可能です。

貸金業法改正後も融資実績の高いカードローンはコチラ




パーソナル融資 | 消費者ローン | 無担保ローン | 担保なし貸付 | パーソナルローン | カードローン | 無担保ローン | 金融ローン | 信用ローン | 信用ローン |

サイトMENU

Copyright (C) 2011. All Rights Reserved.